上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏も足助にいって来ました!
お盆休みに催されている「たんころりん」

☆たんころりんとは☆
 たんころりんとは、竹かごと和紙で作った円筒形の行灯のことで、足助では毎年8月の夜に古い町並み(約1.3キロ)の街道沿いに並べ、和紙を通した火の灯かりで暗がりの町並みを照らし、夏夜の情緒を演出します。
 『たんころりん』というかわいらしい名前は灯りの元となる『ひょうそく』という道具の形がひょうたんの形 たんころりんとは、竹かごと和紙で作った円筒形の行灯のことで、足助では毎年8月の夜に古い町並み(約1.3キロ)の街道沿いに並べ、和紙を通した火の灯かりで暗がりの町並みを照らし、夏夜の情緒を演出します。
 『たんころりん』というかわいらしい名前は灯りの元となる『ひょうそく』という道具の形がひょうたんの形に似ていることからその昔、『ひょうたんころりん』とか『たんころ』と呼ばれていましたが、今ではこの竹かごとひょうそくをひっくるめて地元住民から『たんころりん』と呼ばれています。




日が落ち始めるともっと幻想的な雰囲気になりますが…



食いしん坊キレンジャーゆず坊さんの川遊びのため、ちょい早めに足助入りです。












可愛い提灯?が飾ってある雰囲気の良い和菓子屋さんで一休み。


うまうまの冷やしぜんざいを頂きました。

優しいお店のご主人のはからで、お店の入口近くの店内までゆずはなさん達をご一緒させて頂きました。

ありがとうございます。


またまた写真が少ないですが、たんころりんを堪能しちゃいました!


おまけ

足助は猪鍋が名物。
興味のある方はシシニク料理を堪能してみてはどうでしょう?(笑)











来年もゆずはなさんと行けるかな?



~iPhoneより投稿~
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。